近接した二つ以上のコイル(線輪)の一方に、交流を通ずると、他方のコイルに電圧が生じます。この原理を利用してい、入力側(一次側、プライマリー、P側ともいう)の電圧を使用したい電圧に変換するものが、トランスです。

​出て来る方を、出力側(二次側、何個あっても二次側、セカンダリー、S側)と言い、その電圧を出力電圧とか、二次電圧と呼びます。